必要な機能を明確にする

快適に仕事しよう

必要な機能を明確にする

コピーをとるのが女性社員の仕事のように言われている時代がありました。
今ではコピー機も進化して、最新の機種になると使い方がわからない、といった人もいるようです。
たかがコピーですが、人任せにせずに自分で操作慣れしておく方がよさそうです。

昔はただそのまま写し取るだけの機能しかなかったコピー機も、今では修正や拡大縮小、色の修正など様々な機能が当たり前についています。
事務所や職場で利用するには、コピー機もたくさんのメーカーや機能によって金額も違ってきますので良く考えて購入しないと大変なことになります。

まずは事務所で購入する場合、最低限必要とする機能を明確にしておくことと、設置場所をどこにするかで最大限の大きさを考えておくことです。
そして使用頻度によっては一定期間で買い替えることもありますので、その後のことも考慮しておきましょう。

次はどこから購入するのかということですが、故障をした場合、業務に支障が出てしまいますので休日でも即対応が出来る安心が出来るメーカーや販売店から購入すると安全ではないかと思います。

コピー機のリースにも二通り

これまでの紙媒体からオンラインによる電子情報化の流れが進んでいるとはいえ、どんな会社にも事務所にも、まだまだコピー機は不可欠です。
そしてコピー機といえば、リース契約か買取でしょう。
ここでリース契約であれば、大抵はユーザーがリース会社に月々の比較的低額の使用料を支払うことで借り受けるため、いつまでたってもユーザーの所有物にはなりません。
その代りに故障すれば新しい機種に交換してもらえたり、併せてメンテナンスを行ってもらったりという契約です。
もちろん買取であれば、一括払いにせよ月賦払いであるにせよ、契約により所有権が移るため、メンテナンスが必要であれば全く別個に契約を結ばなければなりませんし、返済の途中で故障しても基本的に販売店に全額の支払いは必要です。
そこで最近ファイナンス・リース契約という新しい形態が生まれています。
これはいわば折衷案とでも言うべきもので、まずユーザーが指定するコピー機を、販売店からリース会社が買い取ります。
そしてユーザーはこれをリース会社からリースしながら月々の使用料を払うのですが、契約期間終了までに本体価格及びその取得に要した費用相当額を、リース会社がユーザーから回収できるように使用料が設定されています。
ユーザーが最初にまとまった資金を用意しなくても良い代わりに、契約は三者間で結ぶことになります。
そして中途解約は基本的に不可能であり、仮に出来るとしても、リース会社がこの件に関する投資資金を全額回収できるだけの残金を違約金として支払わなければならないのです。

recommend

高級賃貸情報発信のリッチな高級賃貸

リッチな高級賃貸

一括見積もりサービスから太陽光用地のマッチングサービスまで幅広く展開。

太陽光発電 見積もり

レーシンググローブ等、総点数10000点以上の在庫をご用意!

レーシンググローブ

マスカレードのお客様だけの特別な空間となっております。

下関の美容室

日本犬保存会が主催する展覧会で多数の受賞に輝く少数精鋭の柴犬専門店・兵庫の鯉渕犬舎

柴犬 販売

Last update:2016/6/16